<物語>ぷくぷく – コミックス版『化物語』100万部イベントのあれこれ

ぷくぷく - データ

 めでたいことに、 コミックス版『化物語』が累計100万部を突破したそうです。スマートフォンゲーム<物語>ぷくぷくでも記念イベントが行われていますので、消化用記事を載せておきます。

 絵馬の詳細データについては↓の記事をご覧ください。

<物語>ぷくぷく – コミックス版『化物語』100万部イベント限定絵馬の情報あれこれ
 めでたいことに、 コミックス版『化物語』が累計100万部を突破したそうです。スマートフォンゲーム<物語>ぷくぷくでも記念イベントが行われていますので、限定絵馬の情報詳細を載せておきます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

1.イベント概要

 コミックス版『化物語』の作者である大暮先生によって描かれた絵馬4種を、ステージ周回によって入手することが出来ます。イベント実施期間は19年1月31日まで、アイテム交換は2月7日まで可能です。

 絵馬の交換に使うメダル(画像右下の茶色い奴)は、ひたぎクラブ~つばさキャットのステージで、宝箱から1/3(ステージの絵馬回収率で変動)の確率でドロップします。ステージで宝箱を割り、イベントメダルを回収することが、今回のイベントの進行方法となります。

 交換できる絵馬は4種、各12回まで引き換えられるので、今回のイベント完走はメダル240枚、期待値で宝箱720個の開封が目安となります。割ときつい。

 各絵馬を上限まで交換することで、最大でランク4まで育成することができます。それ以上までランクを上げたい方は、星4虹絵馬で育成してください。↓画像左が1枚目入手時、右が上限(12枚目)入手時のエフェクトです。

2.絵馬交換おすすめ

 当サイトでは、絵アド熟練度報酬ジェムを意識して、イベント完走を推奨します。が、今回のイベントは存外ヘビーなため、忙しくて周回時間が取れない方も多いかと思われます。そのような方は、とりあえず1枚ずつの交換、少しでも余裕があればブラック羽川さん絵馬だけでも育成しておくことをお勧めします。

 絵馬の詳細データについては↓の記事をご覧ください。

<物語>ぷくぷく – コミックス版『化物語』100万部イベント限定絵馬の情報あれこれ
 めでたいことに、 コミックス版『化物語』が累計100万部を突破したそうです。スマートフォンゲーム<物語>ぷくぷくでも記念イベントが行われていますので、限定絵馬の情報詳細を載せておきます。

©西尾維新/講談社・アニプレックス・NHN PlayArt・シャフト

  絵馬効果 交換優先度

戦場ヶ原さん-大暮絵

フィーバー時サイズアップ ★☆☆☆☆

八九寺さん-大暮絵

巨大ぷく投下 ★★★★☆

神原さん-大暮絵

パズル範囲拡張 ★★☆☆☆

猫川さん-大暮絵

ランダム消去 ★★★★☆

 交換優先度は個人的なアレです。

3.周回方法おすすめ

 必要周回数がかなり多い(宝箱720個ぶん)ので、廃人以外の周回速度では間に合わない可能性があります。そんな方には、ひたぎクラブ01でのポップコーン放置周回をお勧めします。

 適当なぷく札にポップコーン(小道具)を装備し、宝箱クッキーを使用してひたぎクラブなどのステージに潜ります。そのまま50秒待機するとポップコーンの効果でクリア条件を達成し、同時に宝箱も割ることが出来る、という方法です。半放置でイベントを進めることが可能です。

 その魅力は時間効率の良さで、スキル演出もフィーバー突入による時間延長もゼロで済むため、宝箱割りがはかどります。ゲームを放置できるので、別端末でテレビや動画を見ながらの周回も余裕です。

 また、ひたぎクラブ01ではステージ共通絵馬として、星3のマイぷく降らし絵馬星3の15サイズボーナス絵馬のドロップも狙えます。銅鈴の処理も必要ない、割と馬鹿に出来ない好ステージですね。

<物語>ぷくぷく - マイぷく降らし絵馬のあれこれ
 スマートフォンゲーム<物語>ぷくぷくにおける、マイぷく降らし系絵馬の効果やドロップ場所、レア度別の比較をまとめる記事です。
<物語>ぷくぷく - 28サイズ弾けボーナス(旧15サイズ弾けボーナス)絵馬のあれこれ
 スマートフォンゲーム<物語>ぷくぷくにおける、弾けボーナスの仕様の仕組みや、15サイズ28サイズ弾けボーナス系絵馬の効果・ドロップ場所を載せる記事です。

 欠点はコインがモリモリ減ることと、3つ目の宝箱ドロップが狙いにくくなることですが、そこは甘んじて受け入れてください。時間に勝るものはないです。


 わりとイベントが早かった件。

コメント