<物語>ぷくぷく – サイズ弾けボーナスの検証あれこれ

ぷくぷく - データ

 スマートフォンゲーム<物語>ぷくぷくのサイズ弾けボーナスと関連絵馬の使用について検証する記事です。


重要:19年3月25日の下方修正

 余りにも強すぎる絵馬だったためか、弾け絵馬は3月25日のバランス調整によって大幅に下方修正されてしまいます。調整以降は、効果対象となるぷくが15サイズ以上→28サイズ以上のものに制限されます。

 弾けの仕様自体は変わらないと思われますので、本記事の検証Aには特に変化在りません。検証Bについては、3/25以降は15サイズ→28サイズになりますのでご注意ください。


4/17から4/30まで、<物語>ぷくぷくとまどマギがコラボ! カムバックキャンペーンも開催中!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
↓アプリPR。どうかよろしく(察して)
ド派手なドット絵。今月下旬からゴブリンスレイヤーコラボ開催、4/14~24はコラボ直前キャンペーン中。やるなら今じゃね。
グランドサマナーズ

グランドサマナーズ

posted withアプリーチ

1.サイズ弾けボーナスについての検証結果

ぷくぷく-サイズボーナス

©西尾維新/講談社・アニプレックス・NHN PlayArt・シャフト

 <物語>ぷくぷくには、ぷくを弾けさせると周囲のぷくのサイズが上昇するという素敵な仕様が存在します。↑画像で☆マークが出ているぷくは、その恩恵によりサイズ上昇を起こしています。本記事ではこの仕様と関連絵馬の性能について検証していきますが、まず最初に結論から。

 サイズアップ量は、

 通常ボーナス(弾けるぷくのサイズをnとする)
 X1=n*1/10(端数切り捨て、X1<=3)

 15サイズボーナス絵馬発動時(絵馬使用枚数をmとする)
 X2=m(弾けるぷくが15サイズに満たない場合はX2=0)

 総合サイズアップ量
 X=X1+X2

 となるようです。よって、サイズアップ量xの最大値は、x1=3、m=2のときの値、5になります。数学習いたての子供のような表記となりましたがご勘弁ください。

2.検証A – X1について

 サイズが視覚的に分かりやすいように、ボスステージで検証しています。サイズ11のボスぷくにサイズ23の弾けボーナスを掛けた結果、+2サイズの恩恵を受け取っています。似たような実験を3回ほど行いましたが、ここでは割愛。

 まず、基本的なサイズボーナスについて。恩恵を受けるぷくのサイズ上昇量は、弾けるぷくが10サイズ以上で+1、20サイズ以上で+2……と10刻みで大きくなっていくようです。

 ではこれ以降も、弾けるぷくのサイズが40を超えたら+4、50を超えたら+5……と大きくなっていくのか、と思いきや、壁が立ちはだかりました。

 サイズ55の八九寺ぷくを弾けさせたのに、ボーナス量は+3でしかないとは何事なのか。

ボスぷくにのみ上昇量に上限があるのでは?

 と、心の中の老父が囁きましたが、別にそんなこともなかった。老倉さん+フレ蝸牛で実験してみたところ、通常パズルでも+3が限界のようでした。どうやら、15サイズボーナスの絵馬無し時には、弾けボーナスは3が上限のようです。

 中央右下にあるサイズ6のぷく達がサイズ63の八九寺ぷくのボーナスを受けたものの、弾けることはありませんでした(=サイズ10に到達しなかった)。反対に、中央左上の詐欺師ぷくはサイズ7→10へと遷移しました。これより、+3上限が存在することは確定的に明らかです。

 以上より、弾けるぷくのサイズをnとしたとき、 X1=n*1/10 (切り捨て、X<=3)で表せるっぽいです。

3.検証B – X2について

星1-15サイズボーナス

©西尾維新/講談社・アニプレックス・NHN PlayArt・シャフト

 続いて、15サイズボーナスの絵馬が発動しているときのサイズボーナスについて検証します。検証には星1絵馬を使用しますが、レアリティで変化する効果はコストと効果時間のみなので、他のレアリティについては割愛します。

 まずは基本的な性能から。この系統の絵馬は、15サイズ以上のぷくを弾けさせたときのボーナスを増やす効果を持ちます。↑画像におけるボスぷくのサイズアップ量は3、このときのX1=2(27/10の小数点以下切り捨て)、使用絵馬数は1枚なので、絵馬の恩恵は1枚当たり+1になりそうです。

 一応、通常ステージでも確認してみました。1セット目、あららぎくんの左下にある扇ぷくに注目していただければ、X1+X2<4だと確認できるかと思われます。また、2セット目の画像で暴力ぷくが弾けていることから、X1+X2>=3も明らかです。

 次に、上限についての確認です。X<=3なのか、それともX1<=3で、X=X1+X2なのかを確認します。サイズ(X1=3)のときに絵馬を発動させて検証してみました。

 検証Aで確認したサイズアップ上限は+3まででしたが、こちらは+5まで伸ばすことが出来ました。よって、X2の値はX1の制限値とは無関係であることが分かります。15n毎に上昇量が増えるということは無く、15サイズ以上の弾けの場合は一律で+1のようですね。

 以上より、絵馬の枚数をmとしたとき、 X2=m で表せるっぽいです。


 画像まみれになってしまいました。読み込むとき重かったらごめんなさい。

 巷ではこの種の絵馬を使っての悪事が横行しているようですね。私もそのうち何か発明したい。

コメント