ソシャゲ・小説ブログの開設3か月目記録。PV数と運営考察・お金の話など

忘備録

 サイト開設から3月が経過したので、戒めとしてPV数やその他の数字を晒します。小説ブログやソシャゲ類に手を出した人間の末路、ということで、何かの参考になれば幸いです。

 前回の活動報告です↓

ソシャゲ・小説ブログの開設1か月目記録。PV数と運営考察
 サイト開設から1月が経過したので、戒めとしてPV数やその他の数字を晒します。小説ブログやソシャゲ類に手を出した人間の末路、ということで、何かの参考になれば幸いです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
↓アプリPR。どうかよろしく(察して)
ド派手なドット絵。今月下旬からゴブリンスレイヤーコラボ開催、4/14~24はコラボ直前キャンペーン中。やるなら今じゃね。
グランドサマナーズ

グランドサマナーズ

posted withアプリーチ

1.PV数とか

 当ブログも開設3か月目となり、ようやく最低限のドメインパワーがついてきた頃合いです。早速、PV(ページビュー)数や直帰率を晒していきます。なお、この見出しは唯の反省会ですので、ソシャゲブログ考察を見に来た方は流していただいて。

 集計期間は、19年2月16日から19年3月17日までの直近30日間。集計ツールはGoogleのアナリティクスです。細かい数字はぼかしていますのであしからず。リライト数は分からん。

記事数 37本
内小説関係 4本
内ソシャゲ関係 30本
合計PV数 約10400
直帰率 約66%
検索流入 約93%

 PVはやっと1万越え、ようやく伸びてきましたが、それ以上に問題点が目立ちました。

 ます、検索流入の絶対数が足りない。もっというと記事数が足りない。『ブログ_PV_3か月』でググると、大抵のサイトさんはこれの倍くらいあるいはもっとたくさんの記事数を稼いでいます。それらと比較すると、3か月目で37本は少ないですかね。

 というのも、19年2月上旬~3月上旬までの丸一か月間、1度も記事を投稿できなかった、という致命的な致命傷が致命的でした(日本語)。リアル事情なので仕方ないと割り切っていますが、なるべく今後の運営で巻き返していきたいところです。

 直帰率が前回報告時と変わらない点もマイナスイメージ。コンテンツ不足が著しかった1か月目とは違い、今は最低限の記事補完が出来ているので、あとは導線を整えてやればもう少し回遊率が上がりそうなものですからね。

2.ソシャゲブログの運営と考察(2)

教訓:企業の攻略サイトには勝てない。身の程を知るべき。

 と、前回記事で乗せておりましたが、そろそろ戦わなければいけない時期がやってきたのかもしれません。当ブログで扱っているゲームについて検索するとき、ビッグワードの『<物語>ぷくぷく_攻略』でググってみると、半年間更新されていない企業攻略サイトが最上位に表示されるのです(因みに当サイトは15位くらい)。

 ドメインパワーが足りない弱小個人ブログでは、ミドル~スモールワードで上位を拾い、サイト内導線を太くして巡回してもらうべき。このサイト方針は間違っていないでしょうが、企業の皆さんに情報更新をする気が全くないなら、ビッグワードでも対抗していかないとコンテンツ自体が死んでしまいます(?)。

 例えば、『<物語>ぷくぷく_リセマラ』でググると、去年12月のリセマラランキングが最上位に出てきます。これをみた新規さんはほぼ間違いなく、コンテンツ自体をオワコンだと認識するでしょう。既に手遅れな気もしますが、一旦それは置いておきます。

 もちろんこれは極端な例であり、自分のようなサイトではどうあがいても『<物語>ぷくぷく_リセマラ』で1位は取れませんが、けれど本気で取り組めば10位に入れる可能性はあります(願望)。1ページ目に居るかどうかは、SEO的に天とすっぽんくらいの大きな差です。

 というわけで、当ブログのソシャゲ方面での次の目標は、ビッグワードで1ページ目に乗ること、とします。その為には並程度のドメインパワーをつける、という点が必要となってくるので、まずはそちらを目指さなければいけません。最低限のドメインパワーはついた、と書きましたが、それはあくまでも最低限。当サイトは、某ドメインパワー測定器スコア1点(100点満点中)というギャグを咬ますことができるほどの弱者です。せめて5点くらいは欲しいよねっていう。

 ドメインパワーを稼ぐ手っ取り早い方法は

  1. 記事を増やす
  2. 被リンクを増やす
  3. PVを増やす

 の3つと言われています。つまりは、地道に頑張るしかない、ということですね。地道に頑張ります。バズりにいくのも一つの手ですが、当ブログ用ツイ垢のフォロワー数は驚異の0。フォロー数も脅威の1。SNSは苦手やで。

3.小説ブログの考察(2)

 小説ブログ要素どこいった。

 と、最近知人に言われるほどには小説ブログの面影がない当サイトです。タイトルにはわなび(wanna be : 半蔑称)って入っているのに、最後に小説関係の記事を投下したのは2か月以上前という。公募用の長編を書いていると、どうしてもこうなってしまいます。

 ただ、幾つかライター関係の作業を頂いたり、中編の公募でそこそこまで行ったりと、わなびとしては少しだけ進歩できました。ラノベ公募で2次落ちしたりもしていますが、私は今日も元気です。

 それはさておき。読書感想文を書いてみたい、と前回記事で触れていたような気もしましたが、結局そういったアクションを起こせないままに2か月が過ぎました。Web界隈の作品も魅力的ですが、褒めのバランスが難しい、と断念。ベストセラー級の人気作に対する感想文なら、あるいは書きやすいのかもしれませんね。

 試しにこの場で紹介してみますと、伊坂幸太郎さんのグラスホッパーがおすすめです。伏線のキレと人物造形に定評がある伊坂先生による『殺し屋シリーズ』、その1作目となった作品です。3人の語り手により、多方向から中心に迫っていく構成となっています。

 登場人物全員殺し屋、という過剰なほどのパワーを宿したキャッチコピーと、少しずれた語り手たちの人間的な葛藤、そして奇妙なところで感じる家庭の温もり。散りばめられた伏線、それらが怒涛の勢いで拾われていく終盤は、ストーリー的にも技術的にも鳥肌が立ちます

 本好きな方におすすめしたいのは勿論のこと、普段活字に触れない方にも、自信をもって推していける作品です。というのも、この『グラスホッパー』は2回メディアミックスされており漫画版(全3巻)と映画版も存在しているのです。特に、漫画版はテンポよく読むことができ、語り手たちの若いところ(?)も楽しむことができます。伊坂作品の切り込み口として、普段本を読まない人にもお勧めしたい作品です。

 こちらに登録すれば1か月読み放題!(このへんにアフィサイトのリンク)

 ……みたいなことを2000文字くらいの記事にして、ついでにAmazonのリンクでも張っておけば、それっぽい記事になるのですかね。漫画や映画の無料サービス系アフィリとも相性よさそう。今度やってみよう。

4.お金の話

 お金は大事。アフラックもそう言っている。

 当サイトでは現在、広告周りはGoogleAdSenseのみを採用しています。中堅クラスのゲームブログと化してきた現状、正直そろそろアプリアフィリ系の広告を張りたい気持ちはありますが、けれど何処のASPを探しても<物語>ぷくぷくの広告が見つからない。他アプリの広告を張る気にもなれませんし、うーむ。

 というわけで、直近30日のお小遣いも、100%アドセンス産の綺麗なお金になりました。しかしその額、僅か約1100円。前回報告記事で、【『収益がPV数の1/3に届けば上々』と囁かれている】的なことを記しましたが、収益/PVは10分の1程度になってしまいました。萎えるぜ。

 サイト立ち上げの頃から『当サイトは金目的ではない』的な建前を置いてきましたが、なまじPVが伸び始めただけにちょっと悩む。


 日記記事が一番楽しい説。自分語りをしたいだけの人生だった。

@numa_pcpc

にほんブログ村 ゲームブログ ソーシャルゲームへ
スポンサーリンク
↓アプリPR。どうかよろしく(たのむ)
海戦と書いてロマンと読むゲーム。5/15までの特別ログボキャンペーンで、今なら限定キャラ貰えます故。
アズールレーン

アズールレーン

Yostar, Inc.無料posted withアプリーチ

忘備録
スポンサーリンク
大沼をフォローする
沼なわなびの晒し台

コメント