【魔女兵器】- 5秒でわかる『魔女兵器』:プレイ1日目

魔女兵器-1枚絵 アプリレビュー
©DMM GAMES/SUIKINREI
スポンサーリンク

↑事前登録受付中。アマゾン券が当たるフォロリツキャンペーンも開催中ですって。

 19年4月25日に正式リリースされたスマートフォン向けアプリ『魔女兵器』を遊んでみました。メインのアクションパートは私好みじゃなかったものの、とある方向に突き抜けていて、これはこれでアリかな。

 魔女兵器ってなんぞ。そんなせっかちな貴方のために、概要を5項目でまとめますので、1個1秒で読んでください。数時間プレイした程度の人間の視点ですが、参考までに。

  • 既視感のある3Dアクションアプリ(基本無料)
  • ラノベ系設定+主人公性転換、業の深いストーリー
  • いろいろと自重性が皆無
  • 1枚絵が多い+きれいなものが多い
  • 個人的結論:サウンドノベルとしてはありじゃね?

 ついでにもうひとつ。私的には特に琴線に触れたわけではありませんが、主人公のCVが釘宮理恵さんです。釘宮病の方の難民キャンプにもなり得るかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スマホ向け3Dアクションゲーム

魔女兵器-バトル

©DMM GAMES/SUIKINREI

 このスクショを見れば大体を察してもらえるかと思います。主人公キャラを操作し、武器を切り替え、スキルを発動させながら敵と戦うタイプのゲームです。それ以上でもそれ以下でもありません。

 ↑画像で主人公が持っている武器は金属バットです。右下の少女は金属バットの擬人化のようなお方です。擬人化少女は4人まで連れていけるので、それらの力を駆使して戦うことになります。

 また、操作感が今一つな割にはステージ難易度設定が高め。

  • 敵ヒーラーを放置したら全快される
  • 雑魚敵の処理を怠ったらゴリゴリ削られる
  • 武器レンジを理解しておかないと大量の雑魚的に襲撃される

 など、ある程度ゲーム慣れをした方でないと、序盤でも普通に負けます(敗北者並感)

 若干否定的な書き方になってしまいましたが、ゲームとして失敗している、というわけではありません。それ以上に、これから示す要素のインパクトが強すぎたため、ゲームの印象が薄くなっているだけの話です。

ストーリー / 世界観

魔女兵器-ストーリー1

©DMM GAMES/SUIKINREI

 冬木市かと思った。

 ゲームのプロローグは、未曽有の大災害から始まります。DL前の事前情報で『性転換主人公が頑張る話』だと知らされていただけに、ここまでのスケールには戸惑いました。かなりダークな設定をぶち込まれたので、ひょっとしてアプリを間違えたのでは……?、と本気で疑ったりも。

 ですが、個人的に絵が好みでしたのでまあよし。一応、ここのシーンに至るまでの流れをざっくりまとめますと、

  1. テロ集団に巻き込まれる
  2. 主人公くんが気を失う
  3. テロリストやらかす
  4. 主人公くんが目覚めたときには大惨事

 一昔前のラノベみたいな流れで。

魔女兵器-ストーリー3

©DMM GAMES/SUIKINREI

 大惨事が大惨事すぎて(語彙力)、ちょっとシャレにならないくらいの光景となりました。災害に巻き込まれた人々は皆息絶え、その亡骸は塩になっていて……。悔しいですが、このへんの謎はなまら気になります。なんかもう、設定だけで脊髄反射的にワクワクしてしまうのですから、ちょっとずるいですよね。

 で、主人公くんも気を失いかけて暗転。目覚めたときには……。

魔女兵器-ストーリー4

©DMM GAMES/SUIKINREI

 シリアス終了のお知らせ。……とはさすがにいかず、この先もちょくちょく怪しい匂いを仄めかしながら、時折アレ系な展開も踏まえつつ進んでいきます。掴み、という意味では見事にやられてしまった。

 それと、全体的に1枚絵が多くしかもその質が高いがすごい。アクションパートではイマイチ琴線に触れなかったものの、ストーリーモードの吸引力にやられました

自重してほしい

魔女兵器-パロ1

©DMM GAMES/SUIKINREI

 やりたい放題にもほどがある。怒られてほしい。

 予想に反して(?)ストーリー本編が結構マジメだったのに対し、小ネタやパロの類はそうはいかない。定番のネタから最近のモノまで網羅した怒涛のパロラッシュは、平成を締め括るアプリとしてこれ以上ないほどでしょう。

 個人的には嫌いじゃないのです。嫌いじゃないのですが、それ以上にここの公式が怒られている姿を見てみたい。なお、実績欄のミッション項目は、ほぼすべてがこんな感じの要素となっております。

魔女兵器-武器

©DMM GAMES/SUIKINREI

 武器さん、お前もか。

初日プレイの感想

 個人的にはアリですね。ストーリーと絵を楽しめるのであれば、サウンドノベルとしての価値はありそうです。アクションパートに関しては、これから好きになっていければ良いですかね。

 想像以上に一枚絵が多い。しかも、塗りに気合が入っていますし、なんなら時折動きます。ちょっと変わったものを挙げますと、ゲーム開始直後の↓とか、深夜なのに声出して驚いてしまいました

魔女兵器-開始直後

©DMM GAMES/SUIKINREI

 ビビった。

 世界観や各種設定など、正直ある程度の既視感を覚えるものばかりでしたが、けれど王道を集めた作品が盛り上がらないわけがない(はず)、ということで、もうしばらくは続けていきたいと思っております。少なくともGWが終わるまでは続けてみようかな。

 公式で、40万字を超える壮大なオリジナルストーリーと謳っていますし、現在実装されているところまでは完走したいですかね。その先は気分で。

 

 なお、初期容量がかなり大きいのでご注意。リセマラは比較的簡単にできるような仕組みになっているので、何度もDLし直す……なんてことにはなりにくいですが、それでもこのサイズは脅威。通信環境には十分の注意を。


 私、宗教上の理由でリセマラはできないんですよね。

コメント